【全・日】本所サブタイトル

皮革技術センター [ 皮革全般 ]

H1

令和3年度研究の概要(1)

コンテンツ
テーマ 濃色豚スエードの染色堅ろう度向上
計画 令和元~3年度
目的   皮革の染色剤として一般的に用いられている酸性染料は、高温での固着処理ができないことから、色落ちしやすい。特に、塗装仕上げを施さない起毛革では色落ちを防ぐのが難しく、用途としては色落ちが問題にならない靴甲革用などが多い。新たな用途展開を図っていくためには、色落ちしにくい染色方法を開発する必要がある。反応染料は、繊維製品においては高堅ろう度の染色物が得られるため、広く用いられているが、皮革に用いる場合、濃色が出にくいことや風合いが硬くなるなどの理由から普及していない。過去には、牛革等を対象に皮革用反応染料を用いた研究報告があるものの、豚スエードにおいてはほとんどない。そこで、豚スエードに反応染料を用いた染色方法を検討し、濃色かつ高堅ろう度となる効果的な処方を見出すことを目的とした。
内容 令和元年度は:15種類の黒色反応染料から黒色反応染料から最も濃黒色に染まる反応染料を見出した。さらに、加脂剤について検討した結果、アニオン性加脂剤の代わりに防水剤(疎水性ポリマー剤)を用いることで、より濃色となり、染色堅ろう度を大きく向上させることができた。
令和2年度:染色条件について各種検討した。その結果、反応染料を固着するために用いるアルカリ剤の種類及び添加量やpH、染色温度、染色時間において、最適条件を見出し、濃色かつ高堅ろう度でソフトな革を得ることができた。
令和3年度:A4サイズの試料で行っていた実験をスケールアップし、実用化に向けた最適条件を見出す予定である。
効果 これまで濃色豚スエードでは敬遠されていたハンドバッグや裏地のない衣料などにも用いることができ、販路拡大が期待できる。