【全・日】本所サブタイトル

皮革技術センター [ 皮革全般 ]

H1

令和4年度研究の概要(2)

コンテンツ
テーマ ウォッシャブル革の性状調査
計画 令和4年度
目的 景気の低迷に伴い、衣料品のクリーニング率が低下傾向にあり、また、ライフスタイルの変化から、気軽に着られ、家庭で洗濯可能なイージーケア衣料が求められている。衣料用革も、製革技術や薬品の発達により洗濯が可能なウォッシャブル革が市場に流通している。しかし、その性能を定量的に評価した事例は少なく、また、ウォッシャブル革に対する業界内での品質や機能性について統一した基準は存在しない。そのため、消費者が求める品質等と一致してない点が見受けられる。そこで、ウォッシャブル革の現状を把握することで今後のウォッシャブル革衣料の製品展開の基礎資料とすることを目的とする。
内容 市場に流通しているウォッシャブル革について機械的特性及び染色堅ろう度等の性状把握を行う。
効果 現在市場に流通しているウォッシャブル革の性状を把握し、ウォッシャブル革に求められる性能及び課題を整理することで、今後のウォッシャブル革の改良や製品展開に活用することができる。